メルマガ わいぼーど No.126

■□■━━━━━━━━━━┓

(公社)日本臨床工学技士会

 わいぼーど

 2015.7.1   第126

┗━━━━━━━━━ ■□■

 

 

こんにちは、メルマガ“わいぼーど”です。

 

「すみません、Mさんですよね?」と突然 声をかけられた。

 

去る5月の初夏を思わせるような日差しの24日、

第25回日本臨床工学会in福岡のまだまだ会期中の熱気冷めやらぬ閉会式会場。

ステージ上の井福学会長と高取副会長を取り囲んでの

大会運営スタッフの 達成感の笑顔、安堵感の笑顔、感動の笑顔。

笑顔・笑顔・笑顔の中、

小島実行委員長の 自信に満ち溢れた声(締め挨拶)に胸が熱くなっていた矢先。

 

「Mさんですよね?」と

目のクリッとした清潔感のある30歳前後の男性に声をかけられた。

 

「当校学生の小松がエピソード優秀賞いただきまして」と続いた。

ん??? 話の内容にピンとこなかった。

少し話を進めるうちに合点がいった。

 

CE志望者拡大プロジェクト委員会企画の

“こころにジーンとくる!いのちのエンジニアのはなし”。

表彰式が工学会会期中に行われ、

某養成校の「小松靖枝」さんの エピソード「私の夢」が優秀賞を受賞、輝かれた。

 

 

最初は稲穂が垂れ下がる秋口であったと思うが、

6年ほど前から近隣の県立〇〇高校の授業一環“地域の職業人講和”で

臨床工学技士として講師(授業)を数回させていただいている。

 

臨床工学技士とは?臨床工学技士になるには?

牛乳とダイアライザーを使っての限外濾過の実験

『自分の 夢≒目標・希望を叶えるために、今の学習や生活で学び得ること全てが大事』

『自分テーマを持って、挑戦し続けること!Keep on Trying !!』と

学校の先生でもないのに、秋田なまりの“熱弁”を奮ってしまっている。。。

 

数年前、高校生時代の小松さんが、“地域の職業人講和”で講師をした時に授業を受け、

そのあとも、病院見学→養成校合格報告と 当院を訪問してくれた。

「高校生時代のエピソードで受賞したんですよ」と

話し相手の男性である某養成校教諭先生と会話を進めながら、思い出していた。

 

閉会式後のスタッフ写真撮影中、その先生とひとしきり会話をして、別れた後、、、

尋常ならぬ驚きのあとに感動が湧き立ち、嬉しく嬉しく嬉しい想いで、

わたしのハートの奥底が興奮した。

臨床工学技士のわたしと、たまたま接する機会のあった学生生徒や子供が、

少なからず同じ想い“愛”で

臨床工学技士になろうとしてくれていることに、

率直に 激しく嬉しく想い、将来に対する頼もしさと期待感を抱いた。

 

いずれ “こころにジーンとくる!いのちのエンジニアのはなし”が

日臨工たよりなどでオープンになるであろう。

それを拝見することを心待ちにしながら、

『情熱を持ち続け!&挑戦し続ける!』をテーマに

パッションハートな『HOT臨床工学技士』でありたい、

いや、『HOT CE』であるように自分自身に誓って、これからも活き進んでいく。

 

 

独り言↓

閉会式ではなく、工学会会期中に知ることができていたら、

会う人逢う人に 自慢話したのになぁ。(笑顔)

 

 

 

(担当:★モリジャック★ )

 

 

 

 

 

━目次━━━━━

 

◆ JACE 情報

◆ 活動報告

◆ お知らせ

 

━━━━━━━━

 

 

 

 

━━━━━━━━━━

◇ JACE 情報

——————–

 

 

『医療安全情報 No.103』

2011年~2013年に提供された医療安全情報について報告があります。

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=4282

 

 

 

『医療事故情報収集等事業 第41回報告書』

2015年1月から3月までに報告のあった医療事故情報とヒヤリ・ハット事例の報告があります。

詳細はこちらから

http://www.med-safe.jp/pdf/report_41.pdf

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━

◇ 活動報告

——————–

 

 

こんにちは メルマガ『わいぼーど』です。

 

今年度開催されます中部臨床工学会のお知らせです。

 

■第16回中部臨床工学会

開催日:2015年11月7日(土)~8日(日)

開催地:富山県 富山市民プラザ(※3年前の日臨工の会場です)

テーマ:「輝き続ける臨床工学技士」

   http://www.chubu-ce.gr.jp/

 

そうです。

内容は…

 

・臨床工学技士体験コーナー

・各種ワークショップ

・ワイボードセッション

・学生演題

・若手対象のBPA演題

 

の予定としています。

思えば3年前の富山での日臨工から始まった

「臨床工学技士体験コーナー」。

今では全国各地区で開催されており、大変嬉しく思っています。

これを機に臨床工学技士を目指してくれる子供たちが居てくれる事

を信じております。

3年前の日臨工では圧倒的に小学生の親子連れが多かったので、

今回の中部臨床工学会の体験コーナーでは、中高生対象として開催しよう

と考えているとのことでした。

今春開通したばかりの北陸新幹線に乗って、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

今回の担当は、hige坊主でした。

 

 

 

 

 

 

 

■□■━━━━━━━━━━━━■□■

 

メルマガ登録削除は以下のアドレスに

「配信停止」のご連絡をお願い致します

y-board.info@ja-ces.or.jp

 

不達に関する問い合わせ

またはメルマガに関するお問い合わせ先

y-board.subscribe@ja-ces.or.jp

 

組織委員会

http://jacet.net/yboard/

 

(公社)日本臨床工学技士会

http://www.ja-ces.or.jp/

 

■□■━━━━━━━━━━━━■□■

 

Copyright© 2012 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.