メルマガ わいぼーど No.106

■□■━━━━━━━━━━┓

(公社)日本臨床工学技士会

 わいぼーど

 2014.8.5   第106

┗━━━━━━━━━ ■□■

 

 みなさんこんにちは メルマガ“わいぼーど”です。

 

世間の子供は夏休み真盛り!

うちの子供たちも暇そうに毎日ゴロゴロしております。

みなさんはせっかくの夏休み、子供を連れてどこに行きますか?

 

私は7月27日に兵庫県で行われました

臨床工学技士(CE)体験セミナーにスタッフとして参加してきました。

 

今回は総勢214名の方に臨床工学技士の職業を体験して頂き、

たくさんの子供達の笑顔があふれ、大盛況に終わりました。

 

参加した人、子供はもちろん、スタッフも満足感を得る良い機会になりました。

 

全国で広まりつつある職業体験(キッズ)セミナー、

臨床工学技士の認知度を広めるのが一番の目的ですが、

スタッフとして働くことも臨床工学技士として誇りを持てる良い機会ですね。

 

(担当:おすぎ )

 

 

 

 

 

━目次━━━━━

 ◆ JACE 情報

◆ 活動報告

◆ お知らせ

 ━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━

◇ JACE 情報

——————–

 

『医療安全情報 No.92』

人工呼吸器の配管接続忘れについて報告があります。

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=3417

 

 

『医療事故情報収集等事業 第37回報告書』

平成26年1月から3月までに報告された医療事故情報とヒヤリ・ハット事例を

とりまとめた第37回報告書が公表されました。

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=3413

 

 

 『単回使用医療機器の取扱いの周知徹底について』

添付文書を遵守した適正な使用を促すための周知について通知があります。

詳細はこちらから

http://www.info.pmda.go.jp/mdevices/file/md2014-0619001.pdf

 

 

『薬剤溶出型冠動脈ステント及び

薬剤塗布型冠血管向けバルーン拡張式血管形成術用カテーテルに係る

使用上の注意の改訂について』

厚生労働省医薬食品局安全対策課よりお知らせがあります。

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=3448

 

 

『産科医療補償制度の一部改定に伴う周知について』

厚生労働省医政局総務課よりお知らせがあります。

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=3427

 

 

『不整脈治療関連指定講習会・応用編」』

■開催日:平成26年10月17日(金)~10月19日(日)

■会 場:新梅田研修センター2階Gホール(大阪市福島区)

■申込み期間:平成26年9月1日(月)~9月14日(日)

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=3385

 

 

『第 2 回高気圧酸素治療関連指定講習会』

■開催日:平成26年11月21日(金)~23日(日)

■会 場:ソラシティ御茶ノ水 カンファレンスセンター RoomA (東京都千代田区)

■申込み期間:平成26年10月1日(水)~10月14日(火)

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=3384

 

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━

◇ 活動報告

——————–

 

 

こんにちは メルマガ「わいぼーど」です。

 

第4回中四国臨床工学会のご案内です。

 

今回、文学の街である愛媛県、道後松山で開催予定です。

■会 期 2014年11月15日(土)、16日(日)

■会 場 松山市総合コミュニティセンター

■URL http://chushices4.umin.jp

 

 

テーマを『臨床工学?未来への展望?』と掲げ、

愛媛県臨床工学技士会を中心に鋭意準備中となっています。

 

一般演題や教育講演、パネルディスカッションだけでなく、昨年好評であった、

ハンズオンセミナーや企業プレゼンテーションも計画中です。

もちろん、各地でも多く開催されているCE体験コーナーも開催!

 

また、将来臨床工学技士を目指す大学生、大学院生による

研究成果のプレゼンの場として、演題登録の中から、

学生優秀演題賞を選出する予定となっています。

 

中四国地区は、比較的臨床工学技士養成校の多い地域です。

近県各地からの参加もお待ちしております。

 

演題募集期間の〆切りが8月31日(日)と迫っていますが、

歴史ある道後の湯で湯浴みしながら臨床工学(技士)の未来について

大いに語り合ってはいかがでしょうか。

 

 

中四国各県でも新入会員を対象とした、

若手技士向けのセミナーや勉強会が企画、運営されています。

 

6月岡山県では、

メールの書き方やプレゼンテーション資料の作り方、

スーツの着こなし方など、社会人一年生にとっては必須!とも言える

セミナーが開催されました。

 

多くの参加者があり、意外にも管理職をされている方々などの

参加も多くみられました。

 

 

このようなノンテクニカル・スキルについても、

企画の必要性が求められていることが、改めて分かった企画でした。

 

今後も、魅力ある企画を提供できるよう、

企画メンバーを後押ししていきます。

 

 

 

(担当:しゃち )

 

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━

◇ お知らせ

——————–

 

 

組織委員会ホームページについてお知らせです。

 

今回は、『HTM』について紹介しています。

 

医療機器の保守を行う上で重要な単語です。

『HTM』とは何なのか!

 

 

■続きはこちらから

http://jacet.net/yboard/?page_id=34

 

 

■組織委員会ホームページ

http://jacet.net/yboard/

 

 

 

 

■□■━━━━━━━━━━━━■□■

 

メルマガ登録削除は以下のアドレスに

「配信停止」のご連絡をお願い致します

y-board.info@ja-ces.or.jp

 

不達に関する問い合わせ

またはメルマガに関するお問い合わせ先

y-board.subscribe@ja-ces.or.jp

 

組織委員会

http://jacet.net/yboard/

 

(公社)日本臨床工学技士会

http://www.ja-ces.or.jp/

 

■□■━━━━━━━━━━━━■□■

Copyright© 2012 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.