メルマガ わいぼーど No.8

☆.。.:* ☆.。.:* ☆.。.:* ☆

(社)日本臨床工学技士会
メールマガジン  わいぼーど

2009.3.4     第08

☆.。.:* ☆.。.:* ☆.。.:* ☆

こんにちは Y-Boardです。

もうすぐ、春ですね。
花粉症の私には大変な時期がやってきました。

先日、淡路島の灘黒岩水仙郷に行ってきました。
大阪からは1時間程度で到着しました。

冬には可憐な水仙が崖一面に咲き誇ることで有名なところです。
あと、モンキーセンターの“さきちゃん”も有名ですね。

来年、お花の見ごろである、
1月上旬~2月中旬ころに、また行ってみたいと思っています。
 ※灘黒岩水仙郷の開園期間は、12月~2月までとなっています。

島の向こうは四国 徳島県です。
そうです、徳島もとても近いのです。

5月、日本臨床工学会が開催されます。

ぜひ、皆様!
徳島にいらしてください!
お待ちしております。

―― 目次 ――――――――――

☆ JACET情報
☆ Y-Board報告
☆ 徳島情報

―――――――――――――――

【 JACET情報 】.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜

『医療機器の不具合等報告の症例の公表及び活用について』

厚生労働省より、医療機器不具合等報告の集計結果が公表されました。

詳細はこちらから
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/12/s1215-9a.html

『医療事故情報収集等事業「医療安全情報NO.27」』

「口頭指示による薬剤量間違い」に関する事例が報告されました。

詳細はこちらから
http://www.ja-ces.or.jp/00osirase/pdf/med-safe_27.pdf

『「ペースメーカ関連検定試験」受験票を送付しました』

3月8日実施されます「ペースメーカ関連検定試験」の受験票を
2月20日に送付しました。
2月中に受験票が届かない方はJACET Academy事務局までご連絡ください。

【 Y-Board 報告】.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・

今回は、『 Y-Board連絡網 』について報告いたします。

Y-Boardは地区担当制
(北海道・東北、関東・甲信越、中部、近畿、中国、四国、九州)で
活動を行っています。

現在、その地区担当者が中心になって、
各都道府県の若手技士との連携を図るために

『 Y-Board連絡網 』

の設置を行っています。

各都道府県の若手技士とY-Boardとの双方向の情報交換を行うことで、
若手会員の活性化すなわち“全員参加型の組織”を目指しています。

現在は、地区担当Y-Boardから 各都道府県担当者を選出すべく活動中です。
各都道府県の皆様におかれましては、
担当者のご支援・ご協力 よろしくお願いいたします。

突然ですが、

「ハチドリのひとしずく」

というお話を聞いたことがありますか?

今回は、是非このお話を紹介させていただきたいと思います。

「ハチドリのひとしずく」

森が燃えていました。
森の生き物たちはわれ先にと逃げていきました。
でも、クリキンディという名のハチドリだけは行ったり来たり
くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます。

動物たちがそれを見て
「そんなことをしていったい何になるのだ」
といって笑います。

クリキンディはこう答えました。

   「私は、私に出来ることをしているだけ」

(出典「ハチドリのひとしずく」 光文社刊)

このお話は、
南米のアンデス地方に伝わる話を辻信一さんという方が訳した短いお話で、
世代を超えた多くの人が感銘を受け、ジワジワと共感の輪が広がっているそうです。

このお話を訳した辻教授は次のように話しています。

「自分が出来る小さなことの大切さを過小評価しないで欲しい。
また、とても解決できないと思われるような大きな問題でも、
私たち一人一人がどんな小さなことでも出来ることを積み
重ねていけば、大きな問題を解決できる。」

このお話を聞いて感じたことは、
臨床工学技士には、知名度や社会的地位、仕事と家庭の両立等…
大きな問題が山積みです。

でも、
わたしたち臨床工学技士 ひとりひとりが、
それぞれの置かれた立場から
「今わたしに何が出来るか?」 との考えで行動できる、

すなわち

  「全員参加型の強い発言力を持った団体になること」 によって

とても解決出来ないと思われるような大きな問題も
解決出来るのではないかな?と感じました。

『Y-Board連絡網』は関東地区の連絡網が出来たところです。
他の地区の進行状況も分かり次第、お知らせしたいと思います。

                (担当:クマドリ )

【 徳島情報 】.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・

『 徳島県での日本臨床工学会において “託児室”が設置されます 』

徳島県“アスティ徳島“ で開催されます
第19回 日本臨床工学会(平成21年5月9日~10日)にて、
無料の託児室が設置されます。

「子供がいるから、学会に参加できない 」
そんな要望にお応えし、
家庭と両立しながら 働く臨床工学技士の皆さんを応援するために、
お子様連れでも学会に参加できるよう、託児室を設置します。

お預かりできる年齢は満1歳から小学校就学時までで
学会会場2階において、専門スタッフが対応します。

※注意)託児室ではお水以外の飲食はご用意できません。
     飲食物はご持参頂くようお願いします。

申し込み期限は、5月1日までとなっております。(先着15名まで)

詳細はこちらから
http://www.jacet19.jp/takuji.html

・*:.。.☆・*:.。.・*:.。.☆・*:.。.・*:.。.☆・*:.。.

徳島での日本臨床工学会において
“輝ける臨床工学技士の未来のために” のタイトルで
ワークショップを計画中です。
 ※ 5月9日 ワークショップ6 15:00~17:00

次回の「わいぼーど」は
『 ワークショップ6 』について
4月の配信を予定しています。

わいぼーど登録に、年齢などの制限はありません!

より多くの皆様の配信登録
Y-Board一同 心よりお待ちしています。

次回もお楽しみに!!

―― ☆★.。.:*――――――――――――

メルマガ登録削除は以下のアドレスに
「配信停止」のご連絡をお願い致します
y-board.info@ja-ces.or.jp

不達に関する問い合わせ
またはメルマガに関するお問い合わせ先
y-board.subscribe@ja-ces.or.jp

人材活性化委員会
 http://www.ja-ces.or.jp/yboard/index.html

(社)日本臨床工学技士会
 http://www.ja-ces.or.jp/

―― ☆★.。.:*――――――――――――

Copyright© 2012 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.