メルマガ わいぼーど No.21

☆.。.:* ☆.。.:* ☆.。.:* ☆

(社)日本臨床工学技士会
メールマガジン わいぼーど

2009.11.5    第21

☆.。.:* ☆.。.:* ☆.。.:* ☆

新型インフルエンザが流行しています。
全国の小、中、高校のうち8000校以上で学級閉鎖になったと
報道されていました。

症状は突然38℃以上に上がる高熱、咳、咽頭痛、頭痛など
季節性インフルエンザに類似していますが、
ほとんどの方が軽症で回復しているようです。ただし、
喘息、糖尿病といった持病のある方や妊婦、小児、高齢者の一部では
重症化する恐れがあるといわれています。

この新型インフルエンザにかからないための予防策として
『充分な栄養と休息』 『人混みを避ける(マスクをつける)』
『こまめなうがい、手洗い』   などがあげられます。

これから本格的な冬がやってきます。
予防の基本であるうがい、手洗いをしっかり行い
元気にこの冬を乗り越えましょう!

(担当:Y-Board もっこす )

―― 目次 ――――――――――

☆ JACET情報
☆ Y-Board報告
☆ お知らせ

―――――――――――――――

【 JACET情報 】.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜

『 第7回新卒者臨床工学技士講習会 開催のお知らせ 』
 国家資格取得後2年以内の臨床工学技士を対象に医療安全や
保守点検用具の取り扱いなどについて講習会を行います。
 
詳細はこちらから
http://www.ja-ces.or.jp/jsc/02seminor21-8.html

『医療安全推進週間のおしらせ』
 「患者の安全を守るための共同行動」 として
 平成21年11月22日~28日 医療安全推進週間が設けられています。
 また、医療安全推進週間シンポジウムが11月28日に開催されます。

詳細はこちらから
http://www.e-anzen.net/

『 人工心肺装置の安全使用について』
 人工心肺装置の安全使用のための「人工心肺装置の標準的接続方法および
 それに応じた安全教育等に関するガイドライン」
 「人工心肺における安全装置設置基準」についてのお知らせがあります。

詳細はこちらから
http://www.ja-ces.or.jp/00osirase/pdf/091015jinkou_shinpai.pdf

『医療安全全国フォーラム が東京で開催されます』
 平成21年11月23日 医療安全全国フォーラムが開催されます。

詳細はこちらから
http://kyodokodo.jp/091123forum.html

『第3回 IBHRE 検定試験受験者 のお知らせ』
 ペースメーカ/ICD関連情報担当者が、適切な専門知識を有していることを認定する
 検定試験の受験申し込み予約が始まりました。

詳細はこちらから
http://pf.prometric-jp.com/testlist/ibhre/index.html

【 Y-Board報告 】.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・

こんにちは Y-Boardです。

9月1日(土)に、千葉で開催された日本臨床工学技士会主催の
「第8回 教育研究会」に参加してきました!!

今回の教育研究会の主旨についてです。

卒後、就職し現場に赴くと単身業務で十分な指導も受けることが
できず臨床業務をこなしている技士の存在を聞く機会があります。

医療の安全からみた場合にかなりリスクが高い場合も考えられ、
その現状を把握し対策を整える必要があると考えます。

対策の有用な手段の一つとして、日臨工と都道府県技士会が協力し、
生涯教育の一環として卒後教育の最低限のルールを確立するべきで
あると考えます。        (教育研究会委員長 内野 順司)

今回は、前回と同様“千葉市生涯学習センター”の研修室で行われました。

研究会の今回のテーマ

  “卒後院内で単身業務を行う技士の現状と問題点”

ということですが、私も“臨床工学技士が一人もいない施設に就職して
困っている”とか“苦労した”など、切実なお話を聞いたことがあったため、
この研究会をとても楽しみにしていました。

プレゼンでは、『中国地区若手臨床工学技士の意識調査』や
『単身業務を行う技士の現状と問題点』などの発表を聞くことができました。
院内で臨床工学技士の業務を確立してきた方々の言葉は
とても説得力があり、またスペシャリストとしての意識の高さを感じました。

このように臨床工学技士の業務を確立してきた方々の体験をもっともっと
多くの方に聞いていただき、みんなでこういった問題について考えていけたら
いいな、と感じました。

きっと、現場では他にも表に出ないようなさまざまな問題があると思います。

今回の研究会のように、現場の問題を皆でディスカッションできるような
有意義な研究会が行われていることを、是非皆さまに知っていただきたくて、
レポートを書かせていただきました。

こんな企画をして欲しい、こんなことで困っている、等々ありましたら、お近くの
Y-Boardや技士会まで教えてください。

また、このような研究会等々の開催情報やレポートを今後も発信していきたい
と思います。

皆様、一緒に参加して“輝ける未来の臨床工学技士”を構築していきましょう!!

(担当:Y-Board クマドリ☆)

【お知らせ】.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・

第20回 日本臨床工学会が
2010年5月22日~23日 神奈川で開催されます。
http://www.jacet20.jp/endai.html

一般演題を募集中です。
http://www.jacet20.jp/

Y-Board もワークショップを企画中です。
横浜でお会いしましょう!

・*:.。.☆・*:.。.・*:.。.☆・*:.。.・*:.。.☆・*:.。.

次回の「わいぼーど」は
11月下旬の配信を予定しています。

より多くの皆様の配信登録
Y-Board一同 心よりお待ちしています。

次回もお楽しみに!!

―― ☆★.。.:*――――――――――――

メルマガ登録削除は以下のアドレスに
「配信停止」のご連絡をお願い致します
y-board.info@ja-ces.or.jp

不達に関する問い合わせ
またはメルマガに関するお問い合わせ先
y-board.subscribe@ja-ces.or.jp

人材活性化委員会
http://www.ja-ces.or.jp/yboard/index.html

(社)日本臨床工学技士会
http://www.ja-ces.or.jp/

―― ☆★.。.:*――――――――――――

Copyright© 2012 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.