メルマガ わいぼーど No.22

☆.。.:* ☆.。.:* ☆.。.:* ☆

(社)日本臨床工学技士会
メールマガジン わいぼーど

2009.11.28    第22

☆.。.:* ☆.。.:* ☆.。.:* ☆

突然ですが
 『 まなぐひっこんでらねが 』

どんな意味か解かりますか
ひらがなで書くと 読むのも難しい感じがしますね

続きは後半のわいぼご当地ナビにてご紹介!

―― 目次 ――――――――――

☆ JACET情報
☆ Y-Board報告
☆ わいぼご当地ナビ

―――――――――――――――

【 JACET情報 】.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜

『新卒者臨床工学技士』
受講申し込み期間 11月25日~12月9日
受講申し込みには受講料の事前振込みが必要です。

詳細はこちらから
http://www.ja-ces.or.jp/jsc/02seminor21-8.html

『専門臨床工学技士認定制度』
平成21年度 試験申請書類のダウンロードが始まりました。

詳細はこちらから
http://www.ja-ces.or.jp/academy/

『 透析液清浄化基礎セミナー 』
「たより97号」でお知らせしました本セミナーは、
“ライブ中継方式”にて行います。
 ・会  期 : 平成21年12月6日(日) 10時00分~16時00分
 ・会  場 : 中外製薬株式会社 全国オフィス会議室など
 ・参加費 : 2,000円(事前登録制)
詳細は、中外製薬(株)の施設担当者にご確認ください。

【 Y-Board報告 】.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・

こんにちは Y-Boardです。

日本臨床工学技士会主催の下記セミナーに参加してきました!!

第2回透析液安全管理責任者セミナー
  (委員長 内野 順司)

主旨
透析液清浄化ガイドラインに示された透析液水質管理を実践するための
「透析液安全管理責任者」の育成を目的とする。

内容は
『透析液安全管理体制と透析液安全管理者の役割 』
『透析液清浄化ガイドライン運用について』
『細菌検出法の基礎知識と実際』などについて勉強することができました。

このセミナーは、“大田区産業プラザPioコンベンションホール”で
行われました。

セミナーには249人もの方々が集まっていることもあり、
大きな会場の割に少し手狭な感じがしました。

講義では、習ったことのない細菌学など真新しい内容ばかりで、
まだまだ自分の知らないことがたくさんあることを感じました。

また、清浄化の歴史を学ぶことができ、数十年も以前からの、
透析液の清浄化に対する現場の臨床工学技士の取り組みの積み重ねが
透析医療の進歩に大きく貢献してきたことを知り
その熱意と努力の積み重ねがヒシヒシと伝わってくる内容でした。

これからの私たちは、諸先輩方が築き上げてきたノウハウを学びながら、
なおかつ常に新しい情報の習得と実践に努めていかなければ
ならない立場であることを感じました。

臨床工学技士の社会的使命の達成とは、誰かが成しえることを
ただ待つことではなく、まずは自分達一人一人が日々の業務を怠らず、
また諸先輩方から歴史を学び、多角的な視野や新しい発想で
日々の業務を見直してみるなどの積み重ねにより成しえること、
つまり ハチドリのひとしずく の精神(メルマガのバックナンバーNo.8を参照)が
大きな力を生むことを改めて感じました。

また、このセミナーで透析療法における臨床工学技士という職種の重要性を
改めて認識できた、とても有意義な2日間でした♪

今回、透析液の清浄化を通して諸先輩方の歴史を学ぶことが出来ました。

臨床工学技士(会)の更なる発展のために、
私たちの今後の進むべき方向性を見出すために、
諸先輩の功績等々を知る必要があることを感じ、
私見ですが、レポートを書かせていただきました。

今後、このようなセミナーや研究会等々の開催情報やレポートに加えて、
諸先輩方の功績等についても発信していけたらと思います。

皆様、一緒に参加して“輝ける未来の臨床工学技士”を
構築していきましょう!!

(担当:Y-Board クマドリ☆)

【 わいぼご当地ナビ 】.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・
 
「まなぐひっこんでらねが~」

冒頭で紹介しました、この言葉。
これは秋田の言葉です。

「疲れてるね~」「疲れが眼にでてるね~」 という意味で、
他人を思いやる愛情&愛嬌たっぷりの表現方法です。

“まなぐ”とは “眼” のことなんですね!

他、身体名称を秋田弁でいうと
踵=あぐど   まゆげ=こね(ぬ)げ   
膝=ひじゃかぶ   後頭部=うしろがっけ
など、特有の言い方があります。

秋田弁は、津軽弁などと総称されて東北弁と呼ばれることがあります。
秋田弁と一言で言っても 地域により 多くの種類があるんですよ!

秋田弁は発音の難しさに特徴があります。
時にはフランス語に比喩されることも(笑)!!

「さんびぐなってきたども、
 まなぐひっこまさね~よ~に、
  ぬぐぐして いっぺ ままけよ~」

※直訳
「寒くなってきたけれど、
疲れを起こさないように(風邪引かないように)、
温かくして たくさん ご飯食べろよ(滋養つけろよ)」

というわけで、今回は秋田からでした。

( 担当:Y-Board ★モリジャック★ )

・*:.。.☆・*:.。.・*:.。.☆・*:.。.・*:.。.☆・*:.。.

次回の「わいぼーど」は
12月上旬の配信を予定しています。

より多くの皆様の配信登録
Y-Board一同 心よりお待ちしています。

次回もお楽しみに!!

―― ☆★.。.:*――――――――――――

メルマガ登録削除は以下のアドレスに
「配信停止」のご連絡をお願い致します
y-board.info@ja-ces.or.jp

不達に関する問い合わせ
またはメルマガに関するお問い合わせ先
y-board.subscribe@ja-ces.or.jp

人材活性化委員会
http://www.ja-ces.or.jp/yboard/index.html

(社)日本臨床工学技士会
http://www.ja-ces.or.jp/

―― ☆★.。.:*――――――――――――

Copyright© 2012 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.