メルマガ わいぼーど No.86

■□■━━━━━━━━━━┓

(公社)日本臨床工学技士会

 わいぼーど

 2013.6.15  第86

┗━━━━━━━━━ ■□■

 

 

こんにちは Y・ボードです。

 

紫陽花の花が美しい季節になりました。

 

6月といえば…「ジューン・ブライド」。

由来はローマ神話のユピテル(ジュピター)の妻ユノ(ジュノー)から

取られたそうです。

ユノは結婚生活の守護神であることから、6月に結婚式を挙げる花嫁を

「ジューン・ブライド(6月の花嫁)」と呼び、この月に結婚すると

幸せになれると 言われているということです。

 

さらに、日本でも6月の第1日曜日はプロポースの日に設定されているそうです。

 

今年は6月2日にあたります。

 

 

6月2日といえば…

     “CEの日” ですね!

 

 

当会ホームページから臨床工学技士の「ポスター」が

ダウンロード出来ますので、CEの認知度向上のための

活動に対するご協力をよろしくお願いします!

 

 

“一人ひとりの活動の積み重ねが実を結びます”

 

 

 

(担当:Y・ボード くまどり☆ )

 

 

 

 

 

 

━目次━━━━━

◆ JACE 情報

◆ Y・ボード報告

◆ お知らせ

━━━━━━━━

 

 

 

━━━━━━━━━━

◇ JACE 情報

——————–

 

 

『第3回呼吸治療関連指定講習会』

■開催日:平成25年9月27~29日

■会 場:ソラシティお茶の水 (東京都千代田区)

■申込期間:平成25年8月1日~8月14日

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=1849

 

 

 

『第6回血液浄化関連指定講習会』

■開催日:平成25年8月30日~9月1日

■会 場:連合会館(東京都千代田区)

■申込期間:平成25年7月10日~7月23日

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=1845

 

 

 

『医薬品・医療機器等安全性情報報告制度』

医薬品・医療機器等安全性情報報告制度の周知について

厚生労働省よりお知らせです。

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=1860

 

 

 

━━━━━━━━━━

◇ Y・ボード報告

——————–

 

 

こんにちは、Y・ボードです。

 

平成25年5月18(土)~19日(日)山形県山形市にて

「第23回日本臨床工学会」が開催されました。

学会運営スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

 

私は最近、いろんな学会に参加するたびに

“文明”と“文化”についてよく考えます。

 

皆さんは文明と文化という言葉を考えたことがありますか?

 

私は熊本県水俣市の出身です。

皆さんは水俣をご存知かと思います。

みなさんが水俣という名前を知っているのは、水俣病があるからだと思います。

 水俣という、その土地自身には何の罪もなかったのに…

 小さな漁村だったこの村に化学工場ができて…

 その化学工場が海に流した水銀が魚にたまり…

 そして、その魚を食べた人間に重い水銀中毒症状をもたらし…

 それが大きな公害問題になりました。

 

ここで…

文明と文化は一体何が違うのか。

 

ある番組で水俣を訪ねられた大学教授の先生が、

こんなことをおっしゃっていました。

 

『文明は人間が人間の外に作り出されたしくみで、

それは産業を生みだしたり、雇用を生みだしたり、

お金を生みだしたりして、私達を豊かにしてきたものである。

しかし、文明は、ある時には私達の命を傷つけたり、

私達を損ねたりするものとしてもありうるもの。

 

しかし、文化は文明と違って、私たち人間の内部にあって、

私達の生命・命と共にあって、それは“継承”されるものである』

 

 

と…こうおっしゃっていました。

水俣の人は、もちろん水俣病によって深く傷つきました。

でも、水俣はそれと向き合い、公害が起こる前の前の時間と

今後の未来を何とかつなごうとし、徐々に回復してきました。

 

それを回復させたものは、元々水俣が持っていた風土、文化があったからなのです。

“文明と文化”を考えて、ちょっと感動してしまった私ですが、

臨床工学技士も同じことが言えるのではないでしょうか。

 

どれだけ医療技術が発展しても、

継承される技術・知識・人間性というものは人が継承していくものです。

 

医療機器が文明であり、文化は臨床工学技士の歴史や心・技・体だと私は感じました。

 

医療機器が高度化していく中でも、それを使うのは私達…人であり、

知識や技術を伝えるのも人なのです。

 

だから、私達はそれらを受け継ぎ、それを次の世代に受け継がなければならないのです。

 

“文明”と“文化”みなさん、一度自分なりに考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

日本臨床工学会は臨床工学技士の文明と文化の融合なのではないでしょうか?

 

 

 

(担当:Y・ボード おあき)

 

 

 

 

━━━━━━━━━━

◇ お知らせ

——————–

 

 

『勤務先・住所等変更届提出のお願い』について

 

勤務先・自宅住所等の変更をする場合は、

可及的速やかに変更届の提出をお願いします。

 

 

詳細はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/ce/?p=870

 

会員情報変更はこちらから

http://www.ja-ces.or.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=change_new

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

次回メルマガ『わいぼーど』は

2013年7月の配信を予定しています。

 

次回もお楽しみに!

 

■□■━━━━━━━━━━━━■□■

 

メルマガ登録削除は以下のアドレスに

「配信停止」のご連絡をお願い致します

y-board.info@ja-ces.or.jp

 

不達に関する問い合わせ

またはメルマガに関するお問い合わせ先

y-board.subscribe@ja-ces.or.jp

 

Y・ボード(組織/ Y・ボード委員会)

http://jacet.net/yboard/

 

(公社)日本臨床工学技士会

http://www.ja-ces.or.jp/

 

■□■━━━━━━━━━━━━■□■

Copyright© 2012 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.