メルマガ わいぼーど No.52

■□■━━━━━━━━━━┓

(社)日本臨床工学技士会

 わいぼーど

 2011.6.13  第52

┗━━━━━━━━━ ■□■

 

こんにちは Y・ボードです。

 

2011年5月21~22日、大分県別府市にて

「第21回日本臨床工学会」が開催されました。

 

参加者数は、なんと約2000人と大幅に予定を上回り大盛況でした!

学会運営スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

 

私たちY・ボード委員会では、

「輝ける未来の臨床工学技士像を目指して~Change & Challenge~」

をテーマにしたシンポジウムを開催させていただき多くの方にご参加いただきまし

た。

 

シンポジウムの結果は~

続きは 『Y・ボード報告』にて!

 

 

 

━目次━━━━━

◆ JACET情報

◆ Y・ボード報告

◆ お知らせ

━━━━━━━━

 

 

 

━━━━━━━━━━

◇ JACET情報

——————–

 

『夏期の電力需給対策に係る節電実行計画の策定・公表について』

厚生労働省医政局長より、標記に関する依頼状が届きましたので報告いたします。

詳細はこちらから

http://www.jacet.or.jp/cms/infomation_detail.php?type=2&id=66

 

 

 

『総務省取りまとめによる

「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」の送付について』

詳細はこちらから

http://www.jacet.or.jp/cms/infomation_detail.php?type=2&id=67

 

 

 

『医療安全情報 No.54』

人工呼吸器を装着した患者の体位変換を行った際に

気管・気管切開チューブの偶発的な抜去事例関する報告があります。

詳細はこちらから

http://www.jacet.or.jp/cms/infomation_detail.php?type=2&id=64

 

 

 

『皮下用ポート及びカテーテルに係る添付文書の改訂指示等について』

皮下用ポート及びカテーテルを留置する際には、長期留置に伴うカテーテルの断裂等のリスクなど

使用者が認識する必要があるため、添付文書の改訂を行い、情報提供の徹底について

通達があります。

詳細はこちらから

http://www.jacet.or.jp/cms/infomation_detail.php?type=2&id=65

 

 

 

『医療機器業公正取引協議会よりの委員派遣について』

医療機器業公正取引協議会より、医療機器業公正競争規約説明のための

委員派遣についてのお知らせがあります。

詳細はこちらから

http://www.jacet.or.jp/cms/infomation_detail.php?type=1&id=50

 

 

 

『医療安全全国共同行動推進会議(100K)の報告』

医療安全全国共同行動推進会議・共同行動公開ページに、共同行動の最新情報をお伝えする

ウェブマガジン“What’s on, Kyodokodo”最新号(第45号)が掲載されました。

詳細はこちらから

http://www.jacet.or.jp/cms/infomation_detail.php?type=1&id=51

 

 

 

『関連団体主催の学会・セミナー情報』

関連団体主催の学会やセミナー情報が掲載されています。

詳細はこちらから

http://www.jacet.or.jp/cms/infomation_list.php?type=4

 

 

 

 

━━━━━━━━━━

◇ Y・ボード報告

——————–

 

こんにちは Y・ボードです。

 

2011年5月21~22日、大分県別府市にて行われました

「第21回日本臨床工学会」において

 

私たちY・ボード委員会では、

 「輝ける未来の臨床工学技士像を目指して~Change & Challenge~」

 

をテーマにしたシンポジウムを開催し、80名を超える多くの方にご参加いただきました。

 

今回は、シンポジウム内容について報告させていただきます。

 

シンポジウムでは、まず5名のシンポジストを迎え多方面から

今後の臨床工学技士についてご講演いただきました。

 

これまでの技士会を作り上げてこられた先輩シンポジストからのメッセージ

また、学士・修士取得の目的やJACETアカデミー設立の経緯と目的、

技士会活動としての臨床工学技士の広報活動、

教育・実習指導方法についてなどどれも私たち臨床工学技士が社会的使命達成のための

貴重なお話がありました。

 

ディスカッションでは、

2011年2月に作成した小冊子“輝ける未来の臨床工学技士像を目指して”

http://www.jacet.or.jp/yboard/topimg/pdf/Yboard2011-0228.pdf

のなかで提案いたしました、“Y・ボード憲章”および“行動指針”の決定へ向けて

会場の皆様及びシンポジストの方々から多くのご意見をいただくことができました。

 

私たちは、これまでの臨床工学技士の基盤を築き上げてきた

諸先輩から技術・技能を常に礼節を持って継承し、その時代に置き換えて

一人一人が真剣に考えディスカッションしていく必要があることが分かりました。

 

皆さま、ご参加ホントにありがとうございました。

 

( 担当:Y・ボードちゃんぽん )

 

シンポジウム詳細はY・ボードホームページにも掲載中です。

http://www.jacet.or.jp/yboard/index.html

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━

◇ お知らせ

——————–

 

国際交流委員会ホームページを開設しました。

 

医療機器における臨床と安全管理の両方を業務とし、

チーム医療を実践する国家資格は日本の臨床工学技士のみであり、世界に唯一の資格です。

 

これまでも日本の医療を支え、共に発展してきた臨床工学技士を更に

成長・進化させると共に世界へ向けて発信させて、これから世界標準を目指します。

 

世界に羽ばたく臨床工学技士と世界が求める臨床工学技術の共有を

国際交流委員会はサポートしたいと考えます。

 

国際交流委員会ホームページはこちらから

http://jacet.net/kokusai/

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

次回メルマガ『わいぼーど』は

7月の配信を予定しています。

 

より多くの皆様の配信登録を

Y・ボード一同 心よりお待ちしております。

 

次回もお楽しみに!

 

 

■□■━━━━━━━━━━━━■□■

メルマガ登録削除は以下のアドレスに

「配信停止」のご連絡をお願い致します

y-board.info@jacet.or.jp

 

不達に関する問い合わせ

またはメルマガに関するお問い合わせ先

y-board.subscribe@jacet.or.jp

 

Y・ボード(Y・ボード委員会)

http://www.jacet.or.jp/yboard/index.html

 

(社)日本臨床工学技士会

http://www.jacet.or.jp/

 

■□■━━━━━━━━━━━━■□■

Copyright© 2012 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.