メディカルジャパン大阪2016 臨床工学フォーラム開催および日本臨床工学技士会ブース出展報告

2016年2月24日~26日に大阪のインテックス大阪にて「メディカルジャパン大阪2016」が盛大に開催されました。メディカルジャパンは医療に関わるあらゆる製品・技術・サービスが出展する医療の総合展であり、医工連携を計画する企業も多く参加します。

今回、医療機器のスペシャリストであり医療現場のニーズを把握する臨床工学技士として、医療産業への参入を模索する企業に向け、臨床工学技士の認知度向上と医工連携における臨床工学技士の活用促進を目的に、「臨床工学フォーラム」の開催と「臨床工学技士会ブース」の出展を行いました。

臨床工学フォーラムでは、多くの企業、病院関係者に参加頂き、臨床工学技士の新たな方向性や医工連携における活用について検討していただく機会となったと感じています。臨床工学技士会ブースでは、模擬手術室を設置して臨床工学技士が医療現場でどのような役割を持ち、どのような仕事をしているかを知っていただけたと思います。また、医工連携ブースでは、臨床工学技士と企業との医工連携事例を紹介させていただき、より具体的に企業の方々に臨床工学技士をアピールすることができたと思います。

臨床工学技士は、医療現場だけでなく病院経営や医工連携など、広い分野で活躍できるポテンシャルを持った職種です。こうした事を通じて、臨床工学技士の皆さんが様々な場面で活躍されることを期待しています。

 

16022401開催内容は以下です。

 

(開催概要)

 

≪参加スタッフ≫

 ■日本臨床工学技士会WG          ■支援スタッフ

 野村 知由樹                村中秀樹(大阪府臨床工学技士会)

 守澤 隆仁                 高木雅史(兵庫県臨床工学技士会)

 関根 広介                 岩下裕一(奈良県臨床工学技士会)

 三井 友成                 久保哲哉(滋賀県臨床工学技士会)

 加藤 博史                 井口新一(京都府臨床工学技士会)

 西 謙一                  土井照雄(和歌山県臨床工学技士会)

 矢ヶ崎 昌史                吉田哲也(兵庫県臨床工学技士会)

                       藤井清孝(兵庫県臨床工学技士会)

                       小北克也(大阪府臨床工学技士会)

 

○臨床工学フォーラム

(基調講演)2月24日(水)15:30~17:30

「臨床工学技士に期待する新たな方向性」

(公社)日本臨床工学技士会 会長 川崎忠行

経済産業省近畿経済産業局地域経済部バイオ・医療機器技術振興課 課長 河上康裕

医療法人鉄蕉会亀田総合病院 病院長 亀田信介

 

(専門セミナー)2月25日(木)15:00~17:00

「臨床工学技士が医工連携を推進していくために必要なことは?」

シップヘルスケアホールディングス(株) 西謙一

医療法人社団寿量会熊本機能病院医療機器安全管理室 室長
(一社)熊本県臨床工学技士会 会長 山田佳央

(公財)先端医療振興財団クラスター推進センター
医療機器等事業化促進プラットフォーム事務局 専任コーディネーター 黒木俊博

(一財)神戸市地域医療振興財団西神戸医療センター臨床工学室 主査 加藤博史

 

(専門セミナー)2月26日(金)12:30~14:30

「医療安全・病院経営に寄与できる臨床工学技士とは?」

姫路赤十字病院臨床工学技術課 臨床工学技術係長 三井友成

岡山済生会総合病院総務部総務部次長人事課長 千田茂樹

医療法人鉄蕉会亀田総合病院医療技術部ME室 副主任
BSIグループジャパン(株)認証事業本部 関根広介

 

○日本臨床工学技士会ブース

・模擬手術室

16022402

 

医工連携を推進している行政・団体・企業より、臨床工学技士とのパートナーシップを深めていきたいといった声を沢山聞くことができました。

 

まとめ

模擬手術室はかなりの注目度だったようで、TV局の取材もあり来場者も足を止めている姿を見ることができました。多少なりとも臨床工学技士という医療職のPRができたのではないかと思います。

医工連携ブースは、短時間の公募にも関わらず12事案を集めることができ、まだまだ医工連携に関わっている技士がいることが予想されました。各方面からも臨床工学技士への期待が大きいことも感じましたし、今後臨床工学技士も医工連携に向けて益々関わっていくべきだと考えられます。

技士会としても、メディカルジャパンにとどまらない医工連携推進を担うパートを設け、いろいろな事業を推進していく必要性を感じました。日臨工が医工連携推進の第一歩を今回のメディカルジャパンで踏み出したと言えるよう、今後の事業を展開できればと思います。

 

  16022403

Copyright© 2012 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.