メルマガ わいぼーど 特別増刊号

■□■━━━━━━━━━━┓

(公社)日本臨床工学技士会

 わいぼーど

 2018.5.3  特別増刊号

┗━━━━━━━━━ ■□■

 

第28回日本臨床工学会及び平成30年度公益社団法人日本臨床工学技士会総会について

このたび「第28回日本臨床工学会及び平成30年度公益社団法人日本臨床工学技士会総会」を、2018年5月26日(土曜日)から27日(日曜日)(一部25日金曜日より開始)にかけてパシフィコ横浜国際会議センター(神奈川県横浜市)で開催することになりました。臨床工学技士や皆様が益々繁栄するような大会を行いたいと考えております。
 過去神奈川県では、2004年に現(公社)日本臨床工学技士会本間理事長が学会長となり「臨床工学技士の未来をめざして」をテーマに開催し、2010年には現(公社)日本臨床工学技士会小林監事が「臨床工学技士の存在意義を考える」と題して開催しております。神奈川県での開催は今回で3回目となります。
 今回は過去開催の「未来を創造し意義を見いだす」というテーマへの回答として、「臨床工学技士とマネジメント」とテーマを掲げ開催いたします。
 「マネジメント」は人を管理することではありません。マネジメントの提唱者ドラッカー曰く、「社会」=「顧客を創る者」と定義されることから始まります。我々にとって顧客とは患者だけではありません。チーム医療を支えるスタッフ全員が臨床工学技士にとって「顧客」となり得ます。そして、チームが気づかない「ニーズ」を探しそれを満たす手段を提供する。提供はイノベーションとなり新しい価値を生みます。まさに「未来」と「意義」は臨床工学技士によるイノベーションの舞台になり得ると考えテーマとしました。
 本会が開催される時期は「医療・介護同時診療報酬改定」直後となり、様々な波紋が予想されます。また2025年問題、高齢化などもあり、前途は多難です。政府はAIやロボットの医療への積極介入をより推進してくるでしょう。この変化の時期こそ、臨床工学技士や皆様の変革とチャンスの時期と考えます。「つよい者が生き残るのではなく、状況に対応し変化できる者のみが生き残れる」時代がやってきます。是非、共に協力しながら開催したいと思います。
 関係する皆様ご参加を心よりお待ちしております。

※Facebookが毎日更新されております。 当日の会場の最新情報も掲載予定です。
こちらに「いいね」かフォローをお願いします。

https://www.facebook.com/%E7%AC%AC28%E5%9B%9E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%87%A8%E5%BA%8A%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E4%BC%9A-%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%B9%B3%E6%88%9030%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%85%AC%E7%9B%8A%E7%A4%BE%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%87%A8%E5%BA%8A%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E6%8A%80%E5%A3%AB%E4%BC%9A-%E7%B7%8F%E4%BC%9A-795679267262319/

 

━目次━━━━━

◆ 小林学会長より

◆「加藤勝信 厚生労働大臣 学会長特別企画」のお知らせ

━━━━━━━━

━━━━━━━━

小林学会長より

——————–

学会長特別講演 臨床工学技士とマネジメント

臨床工学技士の将来・・・・とは?

光り輝く未来でしょうか?

それとも・・・・・・

Dark Sideでしょうか?

誰がそれを成しえるのでしょう。

この大会が開催される頃には一部の方が「医療の惑星直列」と表現される、「診療報酬改定」「介護報酬改定」「第7次介護保険事業(支援)計画のスタート」「地域医療構想」「国民保険の財政運営責任が都道府県に移管」「障害福祉法改定」が同時に行われ、現場の我々としても想像を絶する状況であることは間違いありません。

これら改革のポイントとなるのは、「人口減少」や「超少子高齢化」です。また生産年齢人口の減少に伴う労働不足や税収入の減少も大きな問題です。平たく言うと、「働ける人は右肩下がりの結果、国の収入が減り、高齢化などにより医療費を含む社会保障費ばかりが多くなり歳出過多になってゆく」社会を改善しようとする政策です。労働力確保としてまずは公務員の定年も65歳に引き上げられるようです。

人口減少は世間の分布だけの話ではありません、医療資源とりわけ、人の手が必要な「医療」は人員確保が病院存続の重要項目なっています。AIやロボット、医療労働者のインバウンドの期待等は検討されており、臨床工学技士にとってもすぐ近くまでその影響が迫っています。我々は医療機器を通して人と接していますが、今の仕事がイメージできる全てでしょうか?10年後に今と同じ仕事ができるという保障はありません。医療そのものが別の方向性に向かっている可能性が大きいと予想されます。生き残る事ができるのは「強い者、頭の良い者ではなく、変化できるもの」と「進化論」で有名なダーウィンが言っている言葉の通りです。そもそも、臨床工学技士の誕生も「環境の変化によって種が生まれてきた」とも言い換えられるでしょう。それならば、臨床工学技士が今後時代の変化に対応できる国家資格でなければなりません。我々を誕生させたのは、時代のニーズであり必要だったからです。

過去のニーズにしがみついてる未来は衰退しかないと私は考えます。

臨床工学技士の未来を作るのは我々一人一人が役目を担ってこそ成しえることができると思うのです。ニーズに合った役目・目標をもち行動を考えることから「マネジメント」は始まります。是非大会に参加いただいた皆様が「セルフマネジメント」を行い、誰に依存するでもなく、自らが積極的に動いてゆく事が必要です。

自らが行動する臨床工学技士「Active CE」スローガンに行動してゆければ、明るい将来が見えてくるのではないでしょうか?

 

━━━━━━━━

「加藤勝信 厚生労働大臣 学会長特別企画」のお知らせ

——————–

さて、第28回日本臨床工学会も今月末に迫っておりますが、学会会期中に下記の要領で加藤勝信厚生労働大臣を招請し、学会長特別企画としてご講演を頂くこととなりました。

日時:平成30年5月26日(土)17:00~18:00

会場:第7会場(パシフィコ横浜5階502号室)300名収容

内容:今後の日本医療の方向性と働き方

加藤厚生労働大臣は国家資格である臨床工学技士の頂点とも言える存在であり、今まで具現化していなかった厚労大臣招聘でもあります。

先ずは2025年を超え、2035年に向け厚労省としてのビジョンは出されており、医療制度も激変が進む中でCEがどのような方向性を模索するのか・・・

そのあたりのお話を聞けるのではないかと思います。

お時間の許される方、ご参加をお待ちしております。

 

■□■━━━━━━━━━━━━■□■

メルマガ登録削除は以下のアドレスに
「配信停止」のご連絡をお願い致します
y-board.info@ja-ces.or.jp

不達に関する問い合わせ
またはメルマガに関するお問い合わせ先
y-board.subscribe@ja-ces.or.jp

 (公社)日本臨床工学技士会
http://www.ja-ces.or.jp/

■□■━━━━━━━━━━━━■□■

Copyright© 2012 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.