公益社団法人日本臨床工学技士会

臨・学・産連携委員会 について

  • HOME »
  • 臨・学・産連携委員会 について

医工連携・産学連携

 日本政府は、2012 年6 月、「医療イノベーション5 か年戦略」を提示し、これを引き継いだ安倍政権は、「健康・医療戦略」として現在もアベノミクス成長戦略の1つとしてこれを推し進めています。
2015年4月にはAMED(国立研究開発法人 日本医療研究開発機構)が創設され、それまで文部科学省、経済産業省、厚生労働省の3省が独自に行っていた医療分野の研究開発や補助が一元化されました。
さらに旧薬事法の改正によるディバイススラグの解消など、医療機の器開発に向けた環境が整いつつあります。このような背景により、新しい医療機器の創出が国策として進められ、医工連携や産学連携が多くの地域や機関で進められています。

 当会においては、メディカルジャパン2016大阪より活動を開始し、セミナーおよび展示ブースの企画運営を行いました。
これらに対する反響は大きく、セミナー会場には医療機器メーカをはじめ多くの企業やコンサルタント、医工連携に関わる大学関係者などが多く訪れました。
展示ブースでは、模擬手術室と臨床工学技士が関わり開発した医療機器等の紹介を行い、大阪府の松井知事や兵庫県の井戸知事をはじめ多くの参加者が訪れました。
NHKをはじめ民放各社の取材などからも、医工連携・産学連携に対する期待の大きさが伺えました。

 医療現場の課題を解決する医療機器の開発に、工学的な資質を持ち医療現場で働く臨床工学技士に目が向けれ始めています。
医工連携・産学連携は、臨床工学技士が主役になるフィールドなのかもしれません。
臨床工学技士は医療界と産業界をジョイントするのに最もふさわしいと職種であり、今こそ、その能力もってアベノミクス成長戦略に貢献すべきではないでしょうか。
川崎会長の提案で、本委員会は臨床工学技士の「臨」、大学・学会の「学」、産業の「産」、で「臨・学・産連携推進委員会」と命名されました。

 委員会の運営には会員の皆様からの「知」が必要です。臨床工学技士の活躍の場を広げるためご協力よろしくお願い致します。

臨・学・産連携推進委員会 活動報告

日付場所出席者活動内容活動成果
2018/08/222018年度第5回Web会議委員+オブザーバー定例会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2018/08/10東葛テクノプラザ関根委員千葉県商工労働部産業振興課、東葛テクノプラザ、東葛ものつくりの会との連携会議
臨床工学技士の業務、当委員会の活動内容および今後の連携
千葉県内企業等の技術力や研究開発能力の向上と新産業の創出、ベンチャー企業の育成等を目的とした総合産業支援を実施しており、千葉県での医工連携の推進に寄与する。
2018/08/01・02経済産業省西垣委員経産省子供デーに医工連携に関する製品ポスターの展示を行った。東京都臨床工学技士会とともに臨床工学技士の広報活動にも参加臨床工学技士及び臨床工学技士が開発した医工連携関連製品の広報
2018/07/31近畿経済産業局吉田委員・西垣委員第25回近畿臨床工学会の医工連携関連ワークショップおよび「医工連携展示」開催について近畿地区の支援機関に説明を行う。委員会が集めたニーズを提供した。当初の計画に従い委員会が集めた医療ニーズを支援機関に提供し近畿地区の医工連携推進に寄与している。第25回近畿臨床工学会の概要が決定した。
2018/07/182018年度第4回Web会議委員+オブザーバー定例会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2018/07/17委員会活動井福理事「メディカルjapan in 大阪」MDIC単位付与申請書提出メディカルジャパン大阪臨床工学フォーラムにおけるセミナーのMDICの単位取得が可能となる
2018/07/05近畿経済産業局吉田委員第25回近畿臨床工学会の医工連携関連ワークショップおよび「医工連携展示」開催に向けた意見交換第25回近畿臨床工学会の医工連携関連ワークショップおよび「医工連携展示」の方向性が決まる
2018/06/28経済産業省  医療・福祉機器産業室本間理事長・井福理事
・加藤委員長・西垣委員 
宮原室長への挨拶および臨・学・産連携推進委員会の活動、今後の方針を説明し開発済製品の広報を依頼した。室長および係長との意見交換により開発製品の広報について経産省として協力いただけることが確認できた。
2018/06/202018年度第3回Web会議委員+オブザーバー定例会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2018/06/03第26回東京都臨床工学会・第9回総会加藤委員長・西垣委員
・吉田委員・関根委員
メインシンポジウム1:日本の医工技術を世界へ~CEのグローバルな貢献~
シンポジウム11:みんなで“医工連携”を始めよう
メインシンポジウム1では臨床工学技士の新たな可能性として医工連携が認識いただけた。シンポジウム11では医工連携の具体的な進め方について発信できた。
2018/05/162018年度第2回Web会議委員+オブザーバー定例会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2018/05/16千葉県産業振興課関根委員千葉県産業振興課への面会、ちばメディカルネットワークへ技士会からのスタッフ派遣や共同でのセミナー企画を計画臨床工学技士の業務について説明を行い、ちばメディカルネットワークへのスタッフ派遣や共同でのセミナー企画を計画することなり、今後の千葉県での活動の基盤つくりができた。
2018/05/15近畿経済産業局訪問西OBS・吉田委員
・加藤委員長
近畿経済産業局バイオ・医療機器技術振興課 医工連携担当の変更に伴うあいさつおよび、今後の進め方の確認。近畿経産局管内における支援機関との具体的な連携方法を確認し、近畿臨床工学会での医工連携セッションについてご協力いただけることが確認できた。今後の活動拡大に向け重要な訪問となった。
2018/04/26厚生労働省医政局 経済課医療機器政策室加藤博史・西 謙一 医工連携における臨床工学技士活用について厚生労働省における医工連携考え方について、意見交換させていただき、臨床工学技士の活用の可能性について提案した。
2018/04/26経済産業省ヘルスケア産業課商務情報政策局
医療・福祉機器産業室
加藤博史・西 謙一 担当者変更に伴う医工連携に関する情報共有医療・福祉聞き室室長補佐との面識ができ定期的な情報交換が可能となった。これにより宮原室長と当会理事長の面談も可能となった。
2018/04/18~20MEDTEC Japan 2018
東京ビックサイト
臨・学・産連携推進委員+スタッフのべ34名展示への出展および臨床工学技士との交流セミナーと題した専門セミナー開催主催者(UBMジャパン)より当委員会にブースを無償にて提供頂き、模擬ICUを展示し、多くの方々に来訪いただいた。
 展示では、臨床工学技士が開発して商品化された商品のポスタースライドショーなど来訪者に興味深く閲覧頂いた。
2018/04/182018年度第1回Web会議委員+オブザーバー定例会議第28回日本臨床工学技士会に向けた準備およびMEDTECJapanの報告、
今後のイベント等について議論。
2018/04/12中部経済産業局 地域経済部次世代産業課
ヘルスケア産業室
西 謙一新年度の医工連携担当者移動にともなう挨拶および、今後の活動についての意見交換中部経済産業局 地域経済部次世代産業課ヘルスケア新担当者(中村 優美 様)産業室を訪問し、ご挨拶および今後の活動について意見交換
2018/03/26医療現場ニーズ事業化スキームに関する
広域連携会議:東北経済産業局
委員2名+オブザーバー2名医工連携に関連する臨床工学技士に対する調査の報告と意見交換。ガイドブック作成に向けた最終の調整を実施。製品評価パッケージについても検討。医工連携において臨床工学技が継続的に活動できるようインセンティブの整備が必要。発行予定のインセンティブに関するガイダンスは、臨床工学技士のインセンティブ獲得に向け大きな後ろ盾となる。
2018/03/18第1回臨床ニーズソン事業
キャノンマーケティングジャパンSタワー 品川本社
臨工17名
産業界21名、運営側デザイナー3人、その他10人(アカデミア3人、経済産業省2人、canon社員5名)
災害対策についてデザインシンキングを交えたディスカッションにより新しいニーズや解決方法のアイディア抽出する。医工連携の現場ニーズ抽出において、既存の方法では限界があるため、このような取り組みにより臨床工学技士ならではのニーズやアイディアの抽出方法が求められている。
2018/03/152017年度第10回 Web会議委員+オブザーバー定例会議第28回日本臨床工学技士会およびMEDTECJapanの準備等について議論
2018/03/01東京都臨床工学技士会委員長:加藤博史東京都臨床工学技士会 医工連携セミナー
~いのちを繋ぐものづくり~あなたの想いを製品化する
臨床工学技士の立場から見た医工連携
東京都臨床工学技士会・東京都中小企業振興公社との連携事業において、医工連携の事例と臨・学・産連携推進委員会の活動及び目的等について講演し、医工連携における臨床工学技士の可能性について発信。
2018/03/01臨・学・産連携推進委員会
HP記事の更新
HP担当委員MEDTECJapan2018の広報記事を掲載MEDTECJapan等の展示会において、医療機器開発おける臨床工学技士の
必要性について広報。
2018/02/21~23インテックス大阪委員・オブザーバー 名メディカルジャパン 2018 大阪
2018/02/15WEB会議委員・オブザーバー15名平成29年度 臨・学・産連携推進委員会 第11回WEB会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2018/02/15グランドアーク半蔵門関根広介第19回 経営トップセミナー(講師派遣)医療機器業公正取引協議会 との連携が強化された
2018/01/30井福担当理事「医療機器開発支援ハンドブック」が発刊の広報https://www.med-device.jp/repository/handbook20180126.pdf
2018/01/25医療機器センター(東京都本郷)関根広介、阿部博樹MEDTEC Japan2018 打ち合わせ2018MEDTECの展示ブースの機材レイアウトの決定
2018/01/25経済産業省本館
3階東8会議室B
西垣委員・関根委員・阿部委員関東経産局担当者より第28回日本臨床工学会委員会企画開催にあたり、
事前打ち合わせおよび面会の依頼
第28回日本臨床工学会の概要を報告し、医工連携セッション案を提示し、各支援機関からの中小企業募集状況についての報告
2018/01/18WEB会議委員・オブザーバー15名平成29年度 臨・学・産連携推進委員会 第8回WEB会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2017/12/11経済産業省中国経済産業局小野淳一,西謙一経済産業省中国経済産業局との打ち合わせ会議中国経産局担当者と委員の面識ができ今後の連携について情報共有を実施した
2017/12/11情報収集岡田 仁志,野沢 義則医工連携に関連した臨床工学技士の情報収集情報共有のための基本データとしてっ重要な資料となりアンケート調査などに役立っている
2017/12/06~07吹上ホール(名古屋市中小企業振興会館)委員・委員長 計6名メディカルメッセにおける展示、講演および
愛知臨床工学技士会と臨学産連携推進委員会の連携会議
中部地区の企業に対し臨床工学技士が医療機器の開発パートナーとして
有用であることを発信できた
2017/12/03三菱京都病院講堂加藤博史・西垣孝行・西 謙一、吉田 哲也 一般社団法人 京都府臨床工学技士会 医工連携カンファレンス"キックオフ"セミナーでの委員の講演多くの企業、臨床工学技士が参加しており、京都府における医工連携の促進に寄与した。
2017/12/02日本医師会館(3階小講堂)加藤 博史「平成29年度第5回 医師主導による医療機器開発のためのニーズ創出・事業化支援セミナー」日本医師会との連携・協力と羽鳥理事と確認でき、バイオデザインの手法を取り入れるため、池野医師との関係構築に良い機会となった
2017/11/30委員会活動加藤博史・西垣孝行医療機器開発支援ネットワーク「医療機器開発支援ハンドブック」へ
臨・学・産連携推進委員会の掲載
日本医師会と並んだ形で当会が医工連携における臨床評価に関する支援機関として登録され、医工連携に関連する様々な自治体、研究機関、企業などへ情報発信される
2017/11/22東京ビッグサイト HOSPEX2017 東4~7ホール東北経産局
広域連携会議
平成29年度第2回広域連携会議インセンティブについて医工連携に関わった臨床工学技士へ
2017/11/21~22東京ビッグサイト HOSPEX2017 東4~6ホール委員・委員長・理事・OBS計11名第1回臨・学・産連携推進委員会対面会議活動報告および次年度予算案検討
臨・学・産連携推進委員会会議および経産省・地方経産局挨拶
2017/11/20HPによる活動委員会第1回臨・学・産連携推進委員会アワードアワードの創設により当委員会の活動がより多くの会員に認識される
2017/10/12WEB会議委員・オブザーバー12名平成29年度 臨・学・産連携推進委員会 第7回WEB会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2017/09/23山形県山形市保健センター加藤 博史山形県次世代医療関連機器研究会
第3回臨工チーム勉強会
山形県市民公開講座「医工連携進行中」での講演
2017/09/14WEB会議委員・オブザーバー11名平成29年度 臨・学・産連携推進委員会 第6回WEB会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2017/08/10公益財団法人医療機器センター関根 広介・阿部 博樹MEDTEC Japan 打合せ  平成29年4月18日(水)-20日(金)  東京ビックサイト 東4/5/6ホール
2017/08/10WEB会議委員・オブザーバー15名平成29年度 臨・学・産連携推進委員会 第5回WEB会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2017/08/02経済産業省関根委員・加藤委員長経済産業省医療福祉機器産業室面談
および「こども霞が関見学デー」展示運営参加
5つの項目について意見交換
2017/08/02会誌井福担当理事・川崎オブ臨床工学会のレクチャーフォーラム1(LF1) 報告医工連携分野における臨床工学技士の活躍 第1部:医工連携推進 総括
2017/08/01会誌委員会「MEDTEC Japan 2017」報告と御礼会誌原稿提出
2017/08/01MEDTECJapan反省と次回打ち合わせ委員:関根 広介・阿部 博樹MEDTECJapan2017の反省と次回打ち合わせMEDTECJapan2017が大変好評であったため、次年度以降の協力依頼があった。
2017/07/18公正取引委員会委員:関根 広介・西垣孝行経営トップセミナーでの講義臨床工学技士の説明と
医工連携による医療機器の開発について広報した
2017/07/13WEB会議委員・オブザーバー15名平成29年度 臨・学・産連携推進委員会 第4回WEB会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2017/07/05堺市産業振興センター加藤博史・西 謙一 臨・学・産連携推進委員会の活動への協力依頼と協働について臨・学・産連携推進委員会の活動への協力依頼と協働について
2017/06/25八尾市立中小企業
サポートセンター
西垣孝行・西 謙一臨・学・産連携推進委員会の活動への協力依頼と協働について臨・学・産連携推進委員会の活動への協力依頼と協働について
2017/06/23一般社団法人 日本電気制御機器工業会委員:関根 広介・西垣孝行臨・学・産連携推進委員会へのヒアリング調査医療現場で使用されるスイッチ等について現場の意見を訴えた
2017/06/08WEB会議委員・オブザーバー15名平成29年度 臨・学・産連携推進委員会 第3回WEB会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2017/05/28大阪府商工労働部(MOBIO)、近畿経済産業局、大阪商工会議所加藤博史・西垣孝行・西 謙 臨・学・産連携推進委員会の活動への協力依頼と協働について臨・学・産連携推進委員会の活動への協力依頼と協働について
2017/05/21リンクステーションホール青森加藤 博史・井桁 洋貴・菊池 雄一医工連携セッション医療機器の評価し、これを企業と共にディスカッションすることにより、
企業の医療機器の開発に大きく寄与した
2017/05/20リンクステーションホール青森委員、オブザーバー 計3名日本臨床工学会 レクチャーフォーラム 
「医工連携における臨床工学技士の役割」:医療機器開発のための基礎知識
医療機器開発に必要な知識の共有が行えた
2017/05/20リンクステーションホール青森理事、委員、オブザーバー 計6名日本臨床工学会 レクチャーフォーラム 
「医工連携における臨床工学技士の役割」:医工連携推進
開発事例などを通して、医工連携の推進と臨床工学技士の活躍を発信した
2017/05/15HPによる活動委員会HP 医療機器等に関するアイディア募集会員のニーズ・アイディア収集し評価した。
各経産局に担当委員を配置しこのニーズ・アイディアを紹介する
2017/05/11WEB会議委員・オブザーバー15名平成29年度 臨・学・産連携推進委員会 第2回WEB会議委員会活動の進捗および今後の予定の確認
2017/04/13MEDTECJapan打ち合わせ委員:加藤 博史・関根 広介MEDTECJapan2017直前の打ち合わせMEDTECJapanの展示、セミナーの運営に大きく寄与した
臨・学・産連携推進委員会の活動報告です。
PAGETOP
Copyright © 臨・学・産連携推進委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.