JSC案内

JSC設立の目的

 「臨床工学技士法」が制定・公布されて20年が経過しました。また任意団体 として平成2年に設立された“日本臨床工学技士会”も設立18年目を迎えました。その間、平成14年3月には積極的に行ってきた広範な公益事業活動の成果 が認められ、厚生労働省から“社団法人日本臨床工学技士会(以下当会)”として認可を受けました。

 平成20年度は“臨床工学技士”及び“社団法人日本臨床工学技士会”にとって、社会へ大きく羽ばたくべき節目の年を迎えます。人間でいえば成人として社会に対する貢献を益々拡大してゆくべき節目の年でもあります。

 一方、近代医療における医療機器の重要性はますます増大しつつあり、医療機器の専門職である臨床工学技士の社会的使命もその重要性を高めつつあります。
 また、臨床工学技士が自らの学習技能の研鑽・資質の向上を図る一方、当会として医療の安全確保に対する社会的使命を達成してゆく責任も益々増大しつつあります。

 このような環境下における当会の社会的使命を果たすための事業の一環として、社会に対する学術技能研鑽・資質の向上を図る事業として講習会・セミナー等の開催をますます充実させ、さらなる拡大を図ってゆくことにしました。
 そのために、昨今、当会が主催する講習会・セミナー等著しい増加、及びそれに伴う受講者数の著しい増加、構築中の専門臨床工学技士認定制度等に適切かつ 組織的に対処するための組織“JACE研修センター(JSC)”を設置し、運営を開始しました。

 なおJSCの運営にあたっては、事業主体者である公益社団法人日本臨床工学技士会および「JACE学術機構」と有機的連携を図りながら遂行してゆきますが、今後、所期の目的達成のために尽力する所存ですので宜しくご支援・ご鞭撻をお願い致します。

zu01
 
 

業務内容

 

所在地

JSC本部
〒113-0034  東京都文京区湯島1-3-4 KTお茶の水 聖橋ビル5階
FAX: 03-5805-2597   e-maiでのお問い合わせはこちら
※電話でのお問い合わせは受け付けておりません。ファックスまたはメールにてお願い致します。

日本臨床工学技士会  JACET学術機構 

Copyright© 2014 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.